リーフレットデザイン料金を節約する方法

リーフレットデザインと言うと、デザイン制作会社などに依頼をして、リーフレットデザインを作り出すと言うイメージを持つ人が一般的です。

しかし、デザイン制作会社と言っても料金はピンからキリまで様々となりますので、料金を節約する方法としては、それぞれの会社に対して見積りの依頼を行い、見積りに記載されている金額を比較する事で、低価格でのリーフレットデザインを作り出すことが可能になるのです。

また、印刷物と言う物は、用紙のサイズに比例して料金が変わるのが特徴です。
コピー用紙などを思い浮かべた時、A4サイズよりもB5サイズの方がコストが安くなるのと同じく、印刷においても同じことが言えます。
そのため、料金を節約する方法として、レイアウトを行うサイズについても検討をすると言う事が大切なのです。

リーフレットデザインを制作会社に依頼をする場合、素材を自ら作り提供するケースが多く在ります。
例えば、写真などの素材と言う物は、自らが撮影した物を提供する事になるわけです。
印刷用のデータを自ら作成出来る場合などでは、リーフレットデザインの料金を節約する事も出来るのです。

印刷用のデータを自ら作成出来ない場合でも、ある程度の作業を自ら行っておくことで費用の節約にも繋がりますし、写真のトリミングなどはデジタルカメラに添付されているアプリケーションソフトウェアやパソコンに標準的にインストールされているソフトウェアを利用する事で自分で行う事が出来るのです。リーフレットデザインと言うと、デザイン制作会社などに依頼をして、リーフレットデザインを作り出すと言うイメージを持つ人が一般的です。

集客率が高いリーフレットデザインとは

リーフレットデザインとは、宣伝や案内のために作られた1枚刷りの印刷物を指します。
リーフレットデザインを考えるうえで大切なこと、つまり集客率をあげるリーフレットを作るために考えなければならないことは、そのリーフレットデザインの目的を考えることが重要です。
リーフレットは1枚の紙に伝えたい内容を盛り込み、見る人の興味を引き、購入まで促すことが出来るものでなければなりません。
このため、消費者の購買心理を示した「AIDMAの法則」を意識したデザインを考えることが大切です。
AIDMAの法則とは、お客様が商品を知ってから実際に購入するまでを「注意(Attention)」、「関心(Interest)」、「欲求(Desire)」、「記憶(Memory)」、「行動(Action)」の5ステップで表したものです。
つまり、AIDMAの法則を利用したリーフレットデザインは、「コンセプトやターゲットが明確になっていること(注意)」、「ファーストインパクトを意識したものになっていること(関心)」、「見る人にとって役立つ情報が載っていること(欲求)」、「割引や無料サンプルなどのサービスがあること(記憶)」、「問い合わせのしかたが分かりやすい(行動)」といった注意から行動まで一貫した消費者へのメッセージが込められているものと言えます。
リーフレットデザインを作成する際に、AIDMAの法則を利用することで、集客率の高いリーフレットの作成が出来ると言えます。

リーフレットデザインにおけるフォントの大切さ

広告や案内のための1枚刷の印刷物であるリーフレットは、1枚の紙の中に伝えたい内容を盛り込む必要があります。無論、記載する内容が消費者にとって魅力的なものになるよう文章を検討することもリーフレットデザインの重要な要素の一つですが、せっかく記載する内容を洗練させてのに、読みにくかったり、文字に強弱が無く印象に残らなかったりしたら意味がありません。リーフレットデザインを作るうえで、記載する内容を検討することと同じくらいその書体(フォント)の検討をすることも大切なことと言えます。
では、実際にリーフレットに適したフォントを考えるうえで大切なこととは何かと言うと、まずは目的に応じたものを使い分けることです。タイトルや本文など要素ごとに書体を変え、タイトルであれば強調し太くするなど、すぐ目に入る書体を使うことが大切です。一般的に、タイトルや見出しにはゴシック体、長文になる本文には明朝体が適していると言われています。更にウェイトの大切さについても説明します。ウェイトとは、文字の太さを指します。細い、標準、太いなど一つの書体を使う場合でもこのウェイトをかえることで、紙面に統一感を持たせつつ可読性をあげることが出来ます。ウェイトの使い分けは、背景やフォントサイズによって見やすいものを使用することが重要です。
リーフレットデザインをするうえで、少し気を配ってみるとより良いリーフレットが作成出来ると思います。広告や案内のための1枚刷の印刷物であるリーフレットは、1枚の紙の中に伝えたい内容を盛り込む必要があります。無論、記載する内容が消費者にとって魅力的なものになるよう文章を検討することもリーフレットデザインの重要な要素の一つですが、せっかく記載する内容を洗練させてのに、読みにくかったり、文字に強弱が無く印象に残らなかったりしたら意味がありません。リーフレットデザインを作るうえで、記載する内容を検討することと同じくらいその書体(フォント)の検討をすることも大切なことと言えます。
では、実際にリーフレットに適したフォントを考えるうえで大切なこととは何かと言うと、まずは目的に応じたものを使い分けることです。タイトルや本文など要素ごとに書体を変え、タイトルであれば強調し太くするなど、すぐ目に入る書体を使うことが大切です。